メニュー

小さなお話

一覧へ

文化

二十四節気(にじゅうしせっき)

二十四節気とは、一年(太陽年)を24に分けて季節を表したもので、四季折々の風物をうつす和菓子の世界とも、深い関わりがあります。(立春・雨水・啓蟄・春分・清明・穀雨・立夏・小満・芒種・夏至・小暑・大暑・立秋・処暑・白露・秋分・寒露・霜降・立冬・小雪・大雪・冬至・小寒・大寒)。
農業などに活用されましたが、もともと中国で作られたものなので、日本の気候と合わない面もあり、これを補うために節分や彼岸、土用などの「雑節(ざっせつ)」が作られました。

画像:四季折々の菓子。右上から時計回りに 『手折桜』『水の宿』『落葉』『深山の雪』。