メニュー

小さなお話

一覧へ

文化

かさねの色目

「かさねの色目」※とは、平安貴族社会の衣装などに見られる雅びな色づかいのことです。
十二単(じゅうにひとえ)で知られるように、平安時代、身分の高い人々は着物を何枚も重ね、その配色を楽しんでいました。色の組み合わせは、白と紅で「雪の下」(雪に埋もれた紅梅を表現)、青と紫で「松重」(常緑の松を表現)というように、季節の植物にちなんだ名前がつけられました(色の組み合わせには諸説あり)。
『源氏物語』にも、光源氏が女君たちに贈る正月の晴れ着を、おのおのの性格や容姿にあわせて選ぶ場面がありますが、当時の人々にとって衣装の色づかいは大変な関心事だったようです。
とらやには、かさねの色目にちなんだ菓子がいくつかあります。菓銘と色合いから四季の情景を想像してお楽しみください。

※かさねは、重(表裏の配色)、襲(重ね着の配色)の二つ表記があり、それぞれ意味合いが異なる。菓銘には両方の表記が見られる。

画像:「かさねの色目」にちなんだ菓子。右上より時計回りに『重絹』『紅葉重ね』『松襲』『染絹』。