和菓子暦

トップへ戻る

九月(長月)〜十月(神無月)の行事

  • 月見

    お月見の風習は奈良時代に中国から伝わったといわれ、平安時代には貴族の間で盛んに行なわれていました。のちに農耕儀礼と結びつき、年中行事として広まっていきました。

    • ◯十五夜

      旧暦の8月15日の月は「中秋の名月」といわれています。「芋名月」とも呼ばれますが、これは収穫を祝って団子やすすきとともに里芋などを供えたためです。

    • ◯十三夜

      旧暦の9月13日の月は「後(のち)の月」、また、この頃収穫期を迎える栗や大豆(枝豆)を供えることから「栗名月」「豆名月」とも呼ばれます。十五夜と十三夜は両方見るのがよいとされ、どちらかの月しか見ないことは片月見(片見月)といわれ、忌み嫌われます。

九月(長月)〜十月(神無月)の和菓子

※取扱商品と販売期間は店舗によって異なります。