メニュー

九月(長月)の行事

  • 重陽

    9月9日は、五節句のひとつ「重陽(ちょうよう)」です。陰陽思想では、奇数を陽数とするため、その極みとなる9が重なる意味で名付けられました。「重陽」は「菊の節句」と呼ばれ、平安時代の宮中では、菊花を観賞し、花びらを浮かべた菊酒を飲んで長寿を願いました。旧暦では収穫祭と重なる時季で、栗を食べる風習が見られることから、「栗節句」とも呼ばれます。