メニュー

小さなお話

一覧へ

文化

立春

暦の上では春のはじまりである立春。現在では2月の4~5日頃にあたり、その前日が節分です。 旧暦では立春から新しい年となり、禅宗寺院などではこの日、「立春大吉」と書いた厄除けの札を門に貼る習わしがあります。まだまだ寒さが厳しくはあるものの、日ごとに日足が伸び、春の訪れを感じる頃といえるでしょう。この時期、和菓子では、春の魁(さきがけ)とも呼ばれる梅の意匠などが好まれます。