メニュー
戻る

粟製

撫子

白餡入

なでしこ

初出年代
干菓子として元禄10年(1697)

夏の盛りの撫子をかたどりました

撫子は秋の七草の一つですが、夏の盛りから次々と可憐な花を咲かせます。撫子の花をかたどった瀬戸型に紅色の粟羊羹を流した、涼しげで愛らしいお菓子です。
※粟製…寒天を溶かして白双糖(しろざらとう)を混ぜ、煮詰め、粟に見立てた新引粉(しんびきこ/京都ではみじん粉と呼ぶ)を加え、色を付けたもの。

価格:
454円 (本体価格420円)
現在は販売しておりません
特定原材料等:
なし
備考:
販売期間:2020年7月16日〜7月31日

取扱店舗:
【関東地方】赤坂店、東京ミッドタウン店、銀座店、帝国ホテル店、日本橋店、新宿伊勢丹、玉川髙島屋S・C、アトレ目黒1、横浜そごう、TORAYA TOKYO
【近畿地方】京都一条店、京都四條南座店、京都髙島屋、大丸京都店

「粟製 撫子」にまつわる小さなお話

「生菓子」の他の商品

さらに見る

他の商品

さらに見る

関連リンク