メニュー

お知らせ

10月の生菓子 解凍方法のご案内

消費期限内にお召しあがりになれない場合、多少の変化は生じるものの、多くのとらやの生菓子は冷凍保存できます。
冷凍いただいた場合の、生菓子の解凍方法などについて、ご案内いたします。
なお、具体的な冷凍・解凍方法などにつきましては、こちらをご覧ください。

【10月の生菓子 解凍方法】

●羊羹製『梢の秋』
解凍方法:室温解凍
備考:外側(羊羹製の部分)が少しかたくなります。

●きんとん製『秋の彩』
解凍方法:室温解凍
備考:冷凍・解凍による変化が少ないお菓子です。

●薯蕷製『月下の宴』
​解凍方法:室温解凍・蒸気解凍
備考:室温解凍では、変化が少ないといえます。蒸気解凍では、外側(薯蕷製の部分)はやわらかくしっとりします。

●『栗粉餅』
解凍方法:室温解凍
備考:栗の風味がやや弱くなります。

●羊羹製『千代の菊』
解凍方法:室温解凍
備考:少しかたくなります。

●薯蕷製『紅葉焼』
​解凍方法:室温解凍・蒸気解凍
備考:室温解凍では、変化が少ないといえます。蒸気解凍では、外側(薯蕷製の部分)はやわらかくしっとりします。


●『栗名月』
解凍方法:室温解凍
備考:栗の風味がやや弱くなります。

※冷凍保存に向かない生菓子
『栗蒸羊羹』、『栗鹿の子』、きんとん製『イスパハン』、求肥製『イスパハン』