和菓子だより

2020.03.30

根津美術館 特別展 虎屋のおひなさま 作品紹介(切子食器各種)

根津美術館「特別展 虎屋のおひなさま」は、 
会期末の3月29日(日)まで休館のまま、閉幕しました。

展示会場で直接ご鑑賞頂くことはできませんでしたので、図録にない画像やエピソードも交えながら、主要な作品を3月31日(火)まで、ご紹介いたします。

切子食器各種

ガラス表面に細かなカットを入れた切子の食器もあります。宝石のようにきらめく、酒杯・合子(ごうす)・皿・瓶などの美しさを引き出そうと、光のあて方を工夫して撮影しました。

1cmにも満たない皿にほどこされているのは、切子文様の代表、矢来文(やらいもん)。竹を交差して作る囲いをもとにした意匠で、細部に至るまで手を抜かない職人技を感じさせます。

蓋つきの三段重には、魚の鱗を思わせる魚子文(ななこもん)が見えます。 ちなみに矢来や鱗には厄除けの意味があり、女子の健やかな成長を願う思いに重なります。

なお、本展示の内容をまとめた図録『虎屋のおひなさま』が根津美術館より刊行されています。
展示作品全ての画像とともに、新たな撮影を加え、作品の特徴、技巧など見やすく構成しています。
また、最新の雛に関する研究を踏まえた論考も掲載しています。
購入方法、価格、送料などの詳細はこちらをご覧ください。