和菓子だより

2020.05.25

和菓子で漢字クイズ! その3

和菓子好きのみなさんには、その2は簡単だったでしょうか?おなじみの菓子も漢字になると新鮮です。

1、銅鑼焼 

ヒント:ドラえもんの大好物。

2、花林糖 

ヒント:和菓子としては珍しい油菓子です。

3、落雁 

ヒント: 干菓子の一種。

4、黄身時雨(黄味時雨) 

ヒント:ほろほろとした食感がたまりません。

5、善哉 

ヒント:粟○○、夫婦○○など。

答えは、下へスクロールしてください。 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

答え

1、どらやき

形が銅鑼(どら)に似ているのでこの名がついたといわれます。近年では映画「あん」のヒットにより、外国でも人気のお菓子だとか。


2、かりんとう

江戸時代中期以降、江戸で人気のあった菓子が出ました。

右端が、江戸深川名物のかりんとう売り
「千歳座新狂言月白刃梵字彫物」(1886)

3、らくがん

米や穀物の粉と砂糖を混ぜて木型などで固めた菓子の総称。

4、きみしぐれ

白餡と卵の黄身 を火にかけて混ぜた生地を使った菓子。そぼろ状にしたものや餡を包んで蒸したものなどがあります。

黄身時雨の一例 虎屋の黄身餡製「曙(あけぼの)」

5、ぜんざい

一般には、関西では小倉汁粉。関東では餅や蒸した粟に餡をかけたものを指します。ご友人に東西調査をされてみても楽しいかもしれません。