和菓子だより

2022.03.14

新刊紹介 『史料でみる 和菓子とくらし』

元虎屋文庫研究主幹 今村規子氏が2020年に月刊誌『なごみ』(淡交社)に執筆していた連載が再編集され、虎屋文庫協力(画像提供ほか)で、一冊の本になりました。

錦絵や見本帳、茶会記、手紙など、さまざまな歴史史料から、和菓子と人々の生活との関わりを探っていく、親しみやすい内容です。 甘党の殿様の手紙、現存する江戸時代の菓子、菓子袋をかぶった猫の絵など、豊富なカラー図版とともに、奥深い和菓子の世界をお楽しみください。一般書籍として書店や通販サイトで販売されています。また、赤坂店・京都一条店・一条店虎屋菓寮・京都四條南座店にてもお求めいただけます。

『史料でみる 和菓子とくらし』
今村規子/著 虎屋文庫/協力
2022年3月9日発売 淡交社
四六判 並製 192頁(カラー96頁)
1,980円(税込)