和菓子だより

2020.03.24

根津美術館 特別展 虎屋のおひなさま 作品紹介(稚児)

根津美術館「特別展 虎屋のおひなさま」は、 
現況を鑑み、会期末の3月29日(日)まで休館することが決定しました。

残念ながら展示会場で直接ご鑑賞頂くことはできなくなりましたが、今月末まで、根津美術館の構成による展示順に沿って、図録にない画像やエピソードも交えながら、主要な作品をご紹介いたします。

稚児

男雛・女雛一対に寄り添うように配されています。

左:中啓(ちゅうけい)は扇の一種で、閉じても先端部分が、銀杏の葉のように末広がりになっています。忠実に細部まで仕上げられています。また着物の地紋もきれいです。

右:刺繍をご覧ください。中央に熨斗(のし)。紅白の梅でしょうか。下には橘の黄色の実が見えます。

 

なお、本展示の内容をまとめた図録『虎屋のおひなさま』が根津美術館より刊行されています。
展示作品全ての画像とともに、新たな撮影を加え、作品の特徴、技巧など見やすく構成しています。
また、最新の雛に関する研究を踏まえた論考も掲載しています。
購入方法、価格、送料などの詳細はこちらをご覧ください。