和菓子だより

2020.03.28

根津美術館 特別展 虎屋のおひなさま 作品紹介(牡丹唐草文櫓時計)

根津美術館「特別展 虎屋のおひなさま」は、現況を鑑み、会期末の3月29日(日)まで休館することが決定しました。

残念ながら展示会場で直接ご鑑賞頂くことはできなくなりましたが、今月末まで、根津美術館の構成による展示順に沿って、図録にない画像やエピソードも交えながら、主要な作品をご紹介いたします。

牡丹唐草文櫓時計

牡丹唐草があしらわれた、火の見櫓のような四角い台座の時計。これは櫓時計(やぐらどけい)と呼ばれる和時計※1です。文字盤にあたる部分は、子、丑といった十二支で表記されています。

台の蓋を取ると、錘(おもり)が下げられており※2、細部まで本物同様に作られていることがわかります。

櫓時計の雛道具は大変珍しく、七澤屋ならではといえる作品です。

なお、本展示の内容をまとめた図録『虎屋のおひなさま』が根津美術館より刊行されています。 展示作品全ての画像とともに、新たな撮影を加え、作品の特徴、技巧など見やすく構成しています。 また、最新の雛に関する研究を踏まえた論考も掲載しています。 購入方法、価格、送料などの詳細はこちらをご覧ください。

※1 日本独自の時刻表示である「不定時法(夜明けと日暮れを基準にして昼と夜を分け、それぞれ等分して表示)」の時計。江戸時代から明治初期まで広く使われた。

※2 錘の位置を調整することで季節ごとの時刻に合わせていた。

参考:礒田湖龍斎「雛形若菜の初模様・扇屋内七越」メトロポリタン美術館蔵