月と和菓子

開催期間
2021年 9月15日(水) — 10月31日(日)

秋は空気が澄んでいることから、四季の中でもとりわけ、
月が煌々と輝き、美しく見える季節です。

中秋の名月 旧暦8月の十五夜は、里芋の収穫期にあたることから「芋名月」と呼ばれ、
旧暦9月の十三夜は栗を供えるので「栗名月」と呼ばれています。

秋は、「月」と「実り」の季節。
この秋、とらやでは、月にちなんだ和菓子や、
今年採れたばかりの国産の栗をつかった和菓子をご用意いたします。

和菓子をおともに、美しい月を愛でる時間を、
ゆったりとした気分で過ごしてみてはいかがでしょうか。

月と和菓子で、秋ならではの楽しみを。

今日の月

9月21日(火) 旧暦8月15日 十五夜
中秋の名月

「十五夜(じゅうごや)」は、一年でもっとも月が美しい夜とされてきました。
日没とともに東の空に明るく輝くこの日の月は、「望月(もちづき)」、「最中(もなか)の月」とも呼ばれ、和菓子の「最中」は満月をイメージしてまんまるにつくられていました。
里芋の収穫時期であることから「芋名月(いもめいげつ)」とも呼ばれ、農作物の実りに感謝し、団子や薄(すすき)、衣被(きぬかつぎ:里芋の子を皮つきで茹でたもの)などを月に供える風習があります。
今宵は心ゆくまで、名月をご堪能ください。

月のカレンダー

監修: 高橋順子 氏 (たかはしじゅんこ)

詩人。1944年千葉県生まれ。東京大学仏文卒。著書に詩集『時の雨』(読売文学賞)、『海へ』(藤村記念歴程賞、三好達治賞)、 佐藤秀明写真による『月の名前』、『雨の名前』、『風の名前』、『花の名前』、『恋の名前』など。

お菓子

  • 新発売

    和菓子缶 月と虎

    月を愛でる虎をモチーフにした限定デザインの缶に、お月見におすすめの お菓子を詰め合わせました。

    <商品内容>小形羊羹×6本(夜の梅×2、おもかげ・新緑・はちみつ・紅茶×各1本)、最中『弥栄』×2個、『残月』×2個

    価格: 3,327円

    販売期間: 9月15日~9月30日

  • 新発売

    和菓子缶 月と虎

    月を愛でる虎をモチーフにした限定デザインの缶に、お月見におすすめの お菓子を詰め合わせました。

    <商品内容>小形羊羹『新栗』×6本、最中『弥栄』×2個、『残月』×2個

    価格: 3,780円

    販売期間: 10月1日~10月31日※なくなり次第終了

  • 生姜入焼菓子『残月』

    「残月」とは、明け方まで空に残っている月を指します。生地の表面に塗られたすり蜜が、薄雲のかかった明け方の月を思わせます。しっかりとした歯ごたえの皮のなかには、たっぷり詰まった濃厚なこし餡が。ほんのり香る生姜とこし餡とが醸し出す、絶妙なハーモニーをお楽しみください。

    価格: 303円

    販売期間: 通年

  • 最中『弥栄』

    「最中」という名称は、その形が満月に見えることから「最中の月」(中秋の名月)に由来し名付けられたといわれています。『弥栄』は菊をかたどった丸い茶色の皮に小倉餡を詰めた最中です。香ばしい焼皮とじっくりと炊いた小豆の風味豊かな餡との相性をお楽しみいただけます。

    価格: 216円

    販売期間: 通年

  • 季節の羊羹『新更科』

    更科とは信濃国の北部にあり、古来、名月の里として名高い地です。深山にかかる満月を表したこの意匠は、大正時代の当社の菓子見本帳にも描かれています。こし餡の煉羊羹で山を、白餡の煉羊羹で夜空に浮かぶ月を表しました。※現在の長野県

    価格: 中形 1,944円 / 竹皮包 3,888円

    販売期間: 9月上旬~10月中旬

  • 生菓子『月下の宴』

    草むらから立ちあがって月を愛でる兎の姿を表した薯蕷饅頭です。つくね芋を使った、しっとりとした生地のなかには、希少な白小豆を使用した白小倉餡が詰まっています。

    価格: 486円

    販売店舗: 関東・中部・近畿地方の一部店舗

    販売期間: 9月16日~9月30日、10月16日~18日※ 中部・近畿地方のみ

  • 特製羊羹『満ちる月』

    満月が山の稜線をなぞるように空を渡っていくさまを表しています。琥珀製でおつくりした満月の輝きが美しい羊羹です。

    価格: 1,944円

    販売店舗: 赤坂店、京都一条店、オンラインショップ

    販売期間: 10月1日~10月31日※なくなり次第終了

  • 白小豆入羊羹『月の暁』

    暁のはかない月の光を思わせるような繊細な色合いの羊羹です。当社独自品種の白小豆「福とら白」でおつくりしており、まろやかで上品な味わいと、ほのかな豆の風味の後味をお楽しみいただけます。<数量限定>

    価格: 4,536円

    販売店舗: 赤坂店

    販売期間: 通年

  • 季節の羊羹『栗蒸羊羹』

    蒸羊羹のもっちりとした食感と、新栗の豊かな風味を楽しめる、秋だけの味わいです。
    栗蜜を混ぜ込んだ蒸羊羹部分からも、ほのかな栗の風味を感じていただけます。

    価格: 中形 2,376円 / 竹皮包: 4,752円

    販売期間: 9月16日~11月中旬予定

  • 季節の煉菓子『栗ごよみ』

    裏漉した栗と砂糖、寒天のみでおつくりしました。渋皮をあえて残して栗の風味を際立たせています。
    そのまま召しあがっていただくのはもちろんのこと、まだ暑さが残る時分には冷して、肌寒くなってきてからは温めて、とろりとした食感をお楽しみいただけます。

    価格: 324円

    販売期間: 9月16日~11月中旬予定

  • 小形羊羹『新栗』

    裏漉した栗と白餡を煉りあげた小形羊羹です。口の中で栗の風味がまろやかに広がります。

    価格: 368円

    販売期間: 10月1日~11月中旬※なくなり次第終了

  • 生菓子『栗粉餅』

    裏漉した栗と白餡を混ぜた栗餡をそぼろにして、求肥包みの御膳餡に付けました。口に含むと栗の風味がふわっと広がります。

    価格: 584円

    販売店舗: 生菓子取扱店

    販売期間: 9月1日~10月31日※御殿場店は、10月16日~18日の販売はございません。

  • 生菓子『栗鹿の子』

    白餡のまわりに、蜜漬けした栗を付けたお菓子です。新栗の色合い、食感、風味が楽しめ、今年の栗の出来がよくわかります。

    価格: 584円

    販売店舗: 生菓子取扱店

    販売期間: 9月1日~10月31日

  • 生菓子『栗蒸羊羹』

    餡に小麦粉と葛粉を加え、新栗の風味を大切に蒸しあげました。もっちり とした食感が特徴です。

    価格: 584円

    販売店舗: 生菓子取扱店

    販売期間: 9月1日~10月31日

  • 生菓子『栗名月』

    新栗をたっぷり使った餡で御膳餡を包み、茶巾絞りの形にしました。ぎゅっと詰まった栗餡の舌触りをお楽しみください。「栗名月」とも呼ばれる十三夜に合わせて販売します。

    価格: 584円

    販売店舗: 関東・近畿地方の一部店舗、御殿場店

    販売期間: 10月16日~10月18日

※ 販売店舗詳細の記載がない商品は、成田空港内店舗、および羽田空港内の一部店舗を除いた、全国のとらや店舗にて販売いたします。

虎屋菓寮メニュー

  • 新発売

    栗氷

    和三盆糖蜜をかけた氷に、栗水羊羹と、月見団子を思わせる白玉を添えました。さらに月明かりに見立て、すりおろした蜜栗を散らしています。底に潜んだ栗餡と合わせてお楽しみください。

    価格: 1,430円

    販売店舗: 赤坂店、東京ミッドタウン店、帝国ホテル店、TORAYA TOKYO、新宿伊勢丹、横浜そごう、京都一条店、京都四條南座店 

    販売期間: 9月15日~10月18日

  • 栗あんみつ

    今年採れた国産の栗でおつくりした、栗餡や栗水羊羹、蜜栗をのせた秋限定のあんみつです。白蜜か和三盆糖蜜をお選びいただけます。※ 写真は和三盆糖蜜

    価格: 1,540円

    販売店舗: 東京ミッドタウン店、帝国ホテル店、TORAYA TOKYO、新宿伊勢丹、横浜そごう、京都一条店、京都四條南座店

    販売期間: 10月1日~11月30日

※ 価格はすべて税込です。

月見と和菓子のお話

月見と和菓子にちなんだお話をご紹介します。

toraya.confectionery

とらや・トラヤあんスタンド オンラインショップに会員登録いただくと、
新商品や季節のお菓子のご案内メールをお受け取りいただけます。