メニュー
戻る

生姜入焼菓子

残月

こし餡入

ざんげつ

初出年代
棹菓子として正徳元年(1711)

薄雲をまとった明け方の月の趣を表わしました

明け方まで空に残っている月は、古来「残月」「有明月」と呼ばれ、俳句や短歌にもよく詠まれています。半月状にした生地の表面にすり蜜を塗った意匠が、薄雲のかかった残月を思わせます。硬めの皮と生姜の風味が特徴です。手作業で一つひとつ丁寧におつくりしております。

価格:
303円 (本体価格280円)

大きさ:
6.5×12.3×2.6cm
重さ:
50g(総重量53g)
賞味期限:
製造から21日
特定原材料等:
「小麦」「卵」を含む

「生姜入焼菓子 残月」にまつわる小さなお話

「生姜入焼菓子 残月」が入った箱入・詰合せ

さらに見る

「焼菓子」の他の商品

さらに見る

他の商品

さらに見る

関連リンク