メニュー
戻る

栗鹿の子

白餡入

くりかのこ

初出年代
明治45年(1912)

実り豊かな秋の到来を感じさせます

鹿の子は、「鹿の子斑(かのこまだら)」(鹿の背の白い斑紋)に見立てて、甘く煮た豆を餡玉につけたお菓子です。『栗鹿の子』は、豆の代わりに栗を用いたもので、実り豊かな秋を感じさせます。

価格:
584円 (本体価格540円)
販売期間・店舗は備考欄をご覧ください
特定原材料等:
なし
備考:
販売期間・店舗:

<2020年9月5日~9月25日>
【関東地方】赤坂店、東京ミッドタウン店、銀座店、帝国ホテル店、日本橋店、新宿伊勢丹、玉川髙島屋S・C、アトレ目黒1、横浜そごう、TORAYA TOKYO
【近畿地方】京都一条店、京都四條南座店、京都髙島屋、大丸京都店

<2020年9月9日~10月31日>
【中部地方】御殿場店

「栗鹿の子 白餡入」にまつわる小さなお話

「生菓子」の他の商品

さらに見る

他の商品

さらに見る

関連リンク