メニュー
戻る

最中

弥栄

小倉餡入

やさか

初出年代
昭和8年(1933)

菊をかたどった小倉餡入りの最中

菊をかたどった茶色の皮に小倉餡を詰めた最中です。「弥栄」とは、「いよいよ栄えに栄える」という意味。菊の花は気高くおめでたい花であることから、菊形の最中に、縁起の良い「弥栄」の名がつけられたと言われています。

価格:
216円 (本体価格200円)

大きさ:
7.1×10.5×2.3cm
重さ:
30g(総重量32g)
賞味期限:
製造から24日
特定原材料等:
なし

「最中 弥栄」にまつわる小さなお話

「最中 弥栄」が入った箱入・詰合せ

さらに見る

「最中」の他の商品

さらに見る

他の商品

さらに見る

関連リンク