和菓子だより

2019.03.18

見本帳でお花見  菓銘を考える編

装飾を削り落としたシンプルな意匠からイメージを膨らませるのも、和菓子ならではの楽しみのひとつ。ここにあげたものは、どれも虎屋の桜の菓子なのですが、皆様ならどんな菓銘をつけますか?

1
2
3
4

虎屋の菓銘は、下へスクロールしてご覧ください。 

   ↓

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

1、遠山桜(とおやまざくら)
紅色を使わずに春を表した、上品で洗練された意匠。遠くの山並みに、桜が日の光を受けて輝いているさまが目に浮かぶでしょうか。

2、緋桜(ひざくら)
紅と緑のそぼろで染め分けにしたきんとんは、紅色で八重咲きといわれる優美な「緋桜」を表現したものと思われます。

3、春の錦(はるのにしき)  
麗らかな日和に爛漫の桜、柔らかに芽吹く草木。端正な桜形を三色に染め分けて、錦を織り成すような春の彩を表しました。 

4、雲珠桜(うずざくら)
「雲珠桜」は京都市北部にある鞍馬山の桜を意味する言葉で、千年前から使われています。小豆の粒が花びらを思わせ、詩情豊かです。


トップへ戻る