和菓子だより

2018.03.20

桜餅の葉 食べる? 食べない?

新版御府内名物案内双六(国立国会図書館蔵)より
江戸時代には餅1つに葉を2枚使ったという記録もあり、絵もその形で描かれています。

 

三つ食へば葉三片や桜餅  

桜餅を食べ終わって、葉だけが残されている風景を詠んだ高浜虚子(たかはまきょし・1874~1959)の句です。一度に3つ、ペロリと食べてしまうくらい美味しかったのだろうなと思いつつ、少し引っかかる方もいらっしゃるかもしれません。

皆さんは、桜餅の葉を召し上がりますか? 

以前、社内で聞いてみたところ「もちろん食べます」「絶対食べない」「移り香を楽しむのが風流」「葉と生地と餡の調和が美味」と、さまざまな声が寄せられました。

もちろん正解はなく、お好みでお楽しみいただくのが一番ですが、桜葉の産地、静岡県松崎町では、桜餅ではなく「桜葉餅」と呼ぶほどに愛を込めて作ってくださっていますので、ときには葉ごと召し上がってみるのもおすすめです。


トップへ戻る