和菓子だより

2018.05.10

羊羹を切る

棹菓子とよばれる羊羹は切り分けて食べるところにまた趣があるもの。
虎屋菓寮では、8分切り(約2.4cm)でお出ししていますが、みなさまはいかがでしょうか。透けるほど薄く切ったり、さいの目にしたり、厚さや形を変えると食感も変わってきますので、ぜひいろいろお好みでお試しください。
さて、和菓子店で使う専門の道具に「羊羹包丁」というものがあります。薄手で幅の広い刃が特徴で、両刃になっているため、真上から力を加えると羊羹をまっすぐ切ることができます。ほかにも、やわらかい蒸菓子や押物を切り分ける際などにも製造現場で広く使われています。

羊羹包丁

トップへ戻る