和菓子だより

2020.03.30

根津美術館 特別展 虎屋のおひなさま 作品紹介(ミニチュア陶磁器コレクション)

根津美術館「特別展 虎屋のおひなさま」は、 
会期末の3月29日(日)まで休館のまま、閉幕しました。

展示会場で直接ご鑑賞頂くことはできませんでしたので、図録にない画像やエピソードも交えながら、主要な作品を3月31日(火)まで、ご紹介いたします。

ミニチュア陶磁器コレクション

持ち運びしやすそうな、陶磁器の収納具です。

徳利、急須、小皿、茶碗などと箪笥、そして引き出しに納められていた状態を一枚の写真におさめたいと思い、この構図で撮影しました。

一つひとつゆっくり取り出し、絵や模様をながめて、陶磁器の世界にひたる趣味人の姿が浮かんでくるようです。

左手前の引き立しに赤く見える四角い部分に、器をはめ込むようになっています。器の種類にあわせて引き出しが決まっているので、片付けは手間ではありません。

注目したいのは、箪笥が入手困難な黒柿でできていること。「神秘の銘木」といわれる黒柿は、150年以上経った古木にしか見つからないもので、墨書きしたような黒い文様が特徴です。扉の裏側の画像でお楽しみください。

なお、本展示の内容をまとめた図録『虎屋のおひなさま』が根津美術館より刊行されています。
展示作品全ての画像とともに、新たな撮影を加え、作品の特徴、技巧など見やすく構成しています。
また、最新の雛に関する研究を踏まえた論考も掲載しています。
購入方法、価格、送料などの詳細はこちらをご覧ください。