和菓子だより

2020.03.31

根津美術館 特別展 虎屋のおひなさま 作品紹介(植木台)

根津美術館「特別展 虎屋のおひなさま」は、 
会期末の3月29日(日)まで休館のまま、閉幕しました。

展示会場で直接ご鑑賞頂くことはできませんでしたので、図録にない画像やエピソードも交えながら、主要な作品を3月31日(火)まで、ご紹介いたします。

植木台

写真右の拡大
*画像をご使用になりたい方は虎屋文庫までご連絡くださいませ。

松や南天、万年青(おもと)など縁起のいい植物がずらり。盆栽は鉢との取り合わせも見どころの一つ。色や形、サイズ、デザインがそれぞれ異なり、工夫されています。

写真左の拡大

こちらは植物も鉢も金属でできています。専門の錺職(かざりしょく)が手掛けたものでしょう。左下は菖蒲でしょうか。伸びやかな葉の表現が見事です。
桜、梅、菊など四季の花々が一堂に並ぶさまは、細工の技を競う雛道具ならではの楽しい光景といえるでしょう。

なお、本展示の内容をまとめた図録『虎屋のおひなさま』が根津美術館より刊行されています。
展示作品全ての画像とともに、新たな撮影を加え、作品の特徴、技巧など見やすく構成しています。
また、最新の雛に関する研究を踏まえた論考も掲載しています。
購入方法、価格、送料などの詳細はこちらをご覧ください。

参考:「新板植木つくし」(1857) 国立国会図書館蔵