メニュー
和菓子だより

2020.03.23

根津美術館 特別展 虎屋のおひなさま 作品紹介(男雛・女雛)

根津美術館「特別展 虎屋のおひなさま」は、現況を鑑み、
会期末の3月29日(日)まで休館することが決定しました。

残念ながら展示会場で直接ご鑑賞頂くことはできなくなりましたが、今月末まで、根津美術館の構成による展示順に沿って、図録にない画像やエピソードも交えながら、主要な作品をご紹介いたします。

男雛・女雛

豪華な雛段の中央を飾るにふさわしい華やかな内裏雛です。
明治時代、京都の老舗人形店、丸平大木(まるひらおおき)人形店であつらえたもので、刺繍をほどこした美しい衣装や女雛の細密な宝冠が目を引きます。

微笑んでいるようにも、何かを話し出そうとしているようにも見える愛らしい口元。
女雛のわずかに開いた口からは、既婚女性の象徴である、お歯黒をつけた歯が見えます。
お歯黒の習俗は明治時代には廃れてしまいましたが、かつては美人の要件とされていました。どことなくなまめかしい魅力を感じるのは、この口元のためかもしれません。

実は雛道具にもこのお歯黒用の道具がありますので、紹介をお楽しみに!

なお、本展示の内容をまとめた図録『虎屋のおひなさま』が根津美術館より刊行されています。
展示作品全ての画像とともに、新たな撮影を加え、作品の特徴、技巧など見やすく構成しています。
また、最新の雛に関する研究を踏まえた論考も掲載しています。
購入方法、価格、送料などの詳細はこちらをご覧ください。


トップへ戻る