和菓子だより

2020.03.17

根津美術館 特別展 虎屋のおひなさま 作品紹介(御所人形 嶋村)

根津美術館「特別展 虎屋のおひなさま」は、 
現況を鑑み、会期末の3月29日(日)まで休館することが決定しました。

残念ながら展示会場で直接ご鑑賞頂くことはできなくなりましたが、今月末まで、根津美術館の構成による展示順に沿って、図録にない画像やエピソードも交えながら、主要な作品をご紹介いたします。

御所人形 嶋村 ※1

まず、煙管を持つしぐさ、ぷっくりした足元、そしてこの表情をご覧ください。

展覧会関係者の中では「嶋村クン」の愛称で呼ばれています。

※1  嶋村:日本橋檜物町には嘉永3(1850)年に仕出し店として創業した同名の店舗があり、その関係であろうか。

角度で表情も変わります。

左 担い籠には、「御雛 通二※2 嶋村 御用」と墨書。

右 木製番重※3 側面には□の中に「通二 嶋村」と、木製蓋の上にも同様の焼印。

「ひなまつり用仕出しをお届けした後の一服」という姿でしょうか。

※2 通二:東京府東京市日本橋区通二丁目の住所表記の略称か。

※3 番重(ばんじゅう):食べ物などを入れて運ぶ長方形の箱。重箱のように重ねられる。

なお、本展示の内容をまとめた図録『虎屋のおひなさま』が根津美術館より刊行されています。
展示作品全ての画像とともに、新たな撮影を加え、作品の特徴、技巧など見やすく構成しています。
また、最新の雛に関する研究を踏まえた論考も掲載しています。
購入方法、価格、送料などの詳細はこちらをご覧ください。