和菓子だより

2018.06.20

「ベッコー飴器」 年代不明

菓子資料室 虎屋文庫では虎屋歴代の古文書や古器物に加え、菓子に関わるさまざまな資料を所蔵しています。このコーナーでは、その一部をご紹介していきます。

箱のサイズ:15.5×12.4×0.6(cm)

砂糖と水を煮詰め、型に入れ固めて作る「べっこう飴」。子どもの頃、縁日で買ってもらったり、理科の実験で作ったりした思い出がある方も多いのではないでしょうか。
こちらは家庭用に販売された「ベッコー飴器」で、箱の中に真鍮の板、型、ヘラが揃えられています。型のつまみ部分は、開いて楊枝や割り箸を挿し、棒付きにしたのでしょう。飴を流し込む工程やできあがりを想像すると、大人でもなんだかわくわくしてしまいますね。

型に爪楊枝を挿したところ。
「作り方 水を入れる時酎を少量混ぜて煮詰ること」とある。風味をよくするために焼酎を入れたのだろうか。

トップへ戻る