和菓子だより

2018.02.13

雛井籠 安永5年(1776)

菓子資料室 虎屋文庫では虎屋歴代の古文書や古器物に加え、菓子に関わるさまざまな資料を所蔵しています。このコーナーでは、その一部をご紹介していきます。

11.0×13.3×18.3(cm)  撮影:轟近夫氏

江戸時代に作られた、雛菓子用の小ぶりな井籠(せいろう)。中に直径1.5cm程度の小さな菓子を詰め、宮中などへお納めしていました。現在では実物こそ使用しませんが、雛祭りの季節には、これを模した紙箱に菓子を詰めて販売しています。
実は、商品を入れる手提げ袋も、この雛井籠のデザインを取り入れたもの。昭和45年(1970)に製作されて以来、若干の変更が加えられながらも受け継がれ、金色の虎は虎屋の顔ともなっています。

実は、手提げ袋の裏(底)にも、井籠をもとにしたデザインである旨記載しています。お手にされた際には是非ご覧ください。

トップへ戻る