虎屋文庫は和菓子文化の伝承と創造の一翼を担うことを目的として設立された、和菓子の資料室です。

菓子資料室 虎屋文庫 | 株式会社 虎屋 菓子資料室 虎屋文庫 | 株式会社 虎屋

虎屋文庫は和菓子文化の伝承と創造の一翼を担うことを目的として設立された、和菓子の資料室です。

虎屋文庫について

虎屋文庫は、昭和48年 (1973)に創設されました。 長年にわたり宮中の御用を勤めてきた虎屋には、菓子の絵図帳や古文書、古器物などが多数伝えられています。虎屋文庫ではこれらを保存・整理するとともに、様々な菓子資料を収集し、展示の開催や機関誌の発行を通して、和菓子情報を発信しています。資料の閲覧機能はございませんが、お客様からのお問い合せにはできるだけお応えいたします。

虎屋文庫へのお問い合わせはこちら

社史編纂について

虎屋には江戸時代から近現代に至る経営史料が残っており、食文化史や商業史の上でも貴重といえます。史料の保存管理につとめ、虎屋の社史を編纂しています。
虎屋の歴史についてはこちらをご覧ください。

平成17年(2005)4月より同志社女子大学図書館(京都市)にて虎屋黒川家文書(江戸時代)の一部をマイクロフィルムにて公開して頂いております。

閲覧申請はこちら

虎屋文庫は港区ミュージアムネットワークに加盟しています。