メニュー
戻る

竹皮包羊羹

夜の梅

小倉羊羹

よるのうめ

初出年代
文政2年(1819)

切り口の小豆が夜に咲く梅の花を思わせる

「春の夜の闇はあやなし 梅の花 色こそ見えね 香やは隠るる」『古今和歌集』(春の夜の闇は無意味だ。梅の花の色が見えなくなってしまうが、その素晴らしい香りだけは隠れようもない。)『夜の梅』は、切り口の小豆を夜の闇に咲く梅に見立てて、この菓銘がつけられました。とらやを代表する小倉羊羹です。2015年10月1日より、1本の中に2つの羊羹を入れてご用意いたしました。

価格:
3,024円 (本体価格2,800円)

大きさ:
24.5×6.0×4.0cm
重さ:
330g×2(総重量700g)
賞味期限:
製造から1年
特定原材料等:
なし
備考:
※1本の中に2つの羊羹が入っています。

「竹皮包羊羹 夜の梅」にまつわる小さなお話

さらに見る

「竹皮包羊羹 夜の梅」が入った箱入・詰合せ

「夜の梅」の他の商品

さらに見る

他の味

さらに見る

他の商品

さらに見る

関連リンク