お知らせ

2019.5.7

虎屋菓寮 京都一条店にて、ギャラリーの展示にちなんだ菓子を限定販売いたします

現在、虎屋 京都ギャラリーにて開催中の、ギャラリー開設10周年「土蔵が見守る 京のとらや」展にあわせ、隣接の虎屋菓寮にて特別なお菓子をご用意します。
同ギャラリーで開催した連続講座「虎屋京都清談」から生まれたお菓子を再現しました。講座にご参加の方のみが味わったお菓子を、この機会にぜひお召し上がりください。


きんとん製 抹茶きんとん
第三回 「香道と王朝の和歌」 (講師 山田松香木店 山田英夫氏)にて考案された、たっぷりの抹茶を使ったきんとんです。芯に円筒形の煉羊羹を用いており、香炉の灰に埋めた炭団(たどん)を思わせます。


焼物製 紅牡丹(べにぼたん)
第六回 「京表具の技と心」 (講師 宇佐美松鶴堂 宇佐美直八氏)にて考案されました。表具に使われる糊の原料でもある小麦粉。これを使った生地を薄くのばし、白餡を包んで紅色の牡丹をかたどりました。

【店舗】虎屋菓寮 京都一条店
【期間】2019年5月7日(火)~19日(日)※ 各日数量限定
【価格】きんとん製『抹茶きんとん』 519円(税込み)、焼物製『紅牡丹』 584円(税込み)

※虎屋菓寮内でのご提供のみのため、お持ち帰りは承っておりません。