お知らせ

平成31年(2019)御題・干支菓子販売のお知らせ

11月下旬より、平成31年(2019)の歌会始のお題と干支にちなんだ商品を販売いたします。大切な方への御歳暮や年始のご挨拶など、この時季ならではのお菓子をご利用ください。

<平成31年(2019)歌会始のお題は「光」>


御題羊羹 『春ひかる』(はるひかる)
2019年の歌会始のお題「光」にちなみ、おつくりしました。雪解けの水に射し込んだ日の光がきらきらと輝き、春を待っていた花たちが一斉に咲き出す様子を、明るい3色の色合いで表しました。
【販売期間】 2018年11月下旬~2019年1月中旬(予定)
【販売店舗】 全店
【価 格】 中形 1,944円(本体価格 1,800円)、竹皮包 3,888円(本体価格 3,600円)
 


求肥製 『暁光』(ぎょうこう) 白飴餡入

「暁光」とは明け方、東の空にさす光のことをいいます。お菓子の『暁光』は、白のカルメラを雲に、黄色の求肥を雲の切れ間からのぞく暁の光に見立てています。
【販売期間】 2018年12月16日~2019年1月15日
【販売店舗】生菓子取扱店全店
【価 格】 486円(本体価格 450円)
※卵を含む
 


琥珀製 『月夜の水面』(つきよのみなも)
月の光が夜の川面をほのかに照らす、その神秘的な情景を思い起こさせる色合いのお菓子です。
白下糖入りの琥珀製と柚子を加えた煉羊羹を重ね合わせました。
【販売期間】 2018年12月16日~2019年1月15日
【販売店舗】 関東・近畿地方の生菓子取扱店
【価 格】 486円(本体価格 450円)

<平成31年(2019)の干支は「亥」>


干支羊羹『笑み亥の子』(えみいのこ)

2019年の干支「亥」にちなんでおつくりしました。紅煉羊羹で、あたたかい春の陽気を、黒煉羊羹で、わずかに鼻先を上げ、母親へ駆け寄る猪の子の微笑ましい姿を表しました。
【販売期間】 2018年11月下旬~2019年1月下旬(予定)
【販売店舗】 全店
【価 格】 中形 1,944円(本体価格 1,800円)、竹皮包 3,888円(本体価格 3,600円)
 


干支パッケージ 小形羊羹

『夜の梅』『おもかげ』『新緑』の3種類を、干支「亥」のパッケージでご用意いたしました。
【販売期間】 2018年11月20日~2019年1月上旬(予定)
【販売店舗】 全店
【価 格】 各1本 260円(本体価格 240円)、5本入 1,404円(本体価格 1,300円)
※その他各種詰め合わせをご用意しております。
 


羊羹製 『亥の風』(いのかぜ) 白餡入

猪は、非常に敏捷な動物で、目標に向かってわき目もふらず突き進む「猪突猛進」という言葉も知られています。
『亥の風』は、黒砂糖入りの羊羹製で白餡を包み、風のように野山を駆け回る猪の姿を簡潔に表現したお菓子です。
【販売期間】 2018年12月16日~2019年1月15日
【販売店舗】 関東・近畿地方の生菓子取扱店
【価 格】 486円(本体価格 450円)
※「小麦」を含む