お知らせ

東京ミッドタウン店ギャラリー10周年記念 特別展「ギャラリーの記憶 2012-2016」

とらや 東京ミッドタウン店ギャラリーでは、8月2日(水)より、過去5年間の企画展を振り返る特別展「ギャラリーの記憶 2012-2016」を開催いたします。

「和菓子とともに日本の伝統の良さを感じていただきたい」との想いから、当ギャラリーは2007年3月30日にオープンし、和にちなんだテーマで企画展を行なってまいりました。そして本年、当ギャラリーは、東京ミッドタウンとともに10周年を迎えることができました。本展では、5周年時(2012年)に開催した展示「ギャラリーの記憶」につづき、2012年以降に開催された14回の企画展をご紹介いたします。これまでの企画展を振り返りながら、日本文化の良さを感じて頂けましたら幸いです。

<概要>
・過去5年間の企画展を、写真やパネル、スライドショーでご紹介します。パートナーの皆さまが本展のためにお寄せくださった言葉や写真、イラストレーションをぜひご覧ください。
・各展示のテーマにちなんでおつくりした菓子を、イラストレーター大塚いちお氏による和菓子のイラストレーションでご紹介します。

<再販売>この5年間の展示において、テーマにちなんでおつくりした菓子のうち、14品を本展の開催期間中に再び販売いたします。

2017年8月2日(水)~15日(火)販売
『燕舞羹(えんぶかん)』

卵白を使った淡雪羹と「燕の巣」入りの琥珀羹、青い琥珀羹を3層に重ね、白い雲、空を舞う燕、東南アジアの美しい海を表現しました。 税込972円
~特別展「体がよろこぶ和菓子」(2015)より~

2017年8月2日(水)~15日(火)販売
琥珀製『夕立(ゆうだち)』

大正7年に記録の残る『夕立』を涼しげな琥珀製で復刻した菓子。夏の午後、短時間降る夕立。羊羹と琥珀羹で激しく降る雨を表しています。雨が近づいてくるさまや雷の音をも思わせます。 税込486円
~企画展「雨を感じる」(2016)より~

2017年8月2日(水)~8月31日(木) 販売
特製羊羹『MONOGATARI』

百合、うさぎ、鳥、女の子、りす。切り分けるたびに登場するさまざまな意匠から思い思いの物語を想像し、お楽しみください。 税込4,320円
~企画展「“みらい”の羊羹~わくわくシェアする羊羹~」(2015)より~


2017年8月8日(火)のみ販売
干羊羹『SUEHIROGARI(紅白)』

扇は「末広がり」に通じ、縁起が良いといわれています。大勢で楽しくお召しあがりいただけるよう、一口サイズの干羊羹を扇状に並べました。 税込3,240円 ※今回の販売は写真左の(紅白)のみです。
~企画展「“みらい”の羊羹~わくわくシェアする羊羹~」(2015)より~

2017年8月16日(水)~31日(木)販売
『味噌黒米餅(みそくろまいもち)』

Photo:Yusuke Nishibe
味噌に煮溶かした寒天を加えて固め、御膳餡と黒米餅で包みました。表面を少し焼くことで香ばしさを引き立たせています。餅、餡、味噌の織りなす食感や風味をお楽しみください。 税込486円
~企画展「和菓子の手しごと」(2012)より~

2017年8月16日(水)~31日(木)販売
『ずんだ羹(かん)』

Photo:Yusuke Nishibe
「ずんだ」とは東北地方の方言で、「枝豆をゆでてすりつぶし、調味したもの」の意。裏漉しした枝豆を琥珀羹に加え、煉羊羹と重ねました。枝豆特有の味と香り、涼やかな色合いが特徴です。 税込486円
~企画展「和菓子の手しごと」(2012)より~

2017年9月1日(金)~18日(月) 販売
『ジジイデアの笑み』

求肥を混ぜ込んだ生地を焼いた皮はしっとり、もっちり。皮にあわせて餡もやわらかく。老若男女、より多くの方にお楽しみいただける焼き菓子を・・・との想いでおつくりしました。 税込422円
~企画展「いつまでも甘くたのしく」(2016)より~

2017年9月1日(金)~30日(土) 販売
特製羊羹『SHIMAMOYO』

太い縦縞と細い横縞。三色の縞模様を重ねた羊羹です。切り分け、並べることで、布地を広げたように新たなデザインが生まれます。 税込4,320円
~企画展「“みらい”の羊羹~わくわくシェアする羊羹~」(2015)より~

2017年9月19日(火)~30日(土) 販売
薯蕷製『沖の風(おきのかぜ)』

沖縄県西表島産の黒砂糖を加えた餡を、しっとりした食感の薯蕷製の生地で巻き、沖縄の島々を力強く吹き抜ける風を表しました。黒糖餡のコクのある甘さをお楽しみください。 税込486円
~企画展「黒糖のこと」(2013)より~

2017年10月1日(日)~15日(日) 販売
きんとん製『うたたね』
 
三毛猫は日本独特の猫であり、古くから親しまれています。ひだまりのなか、まるまってうたたねをする三毛猫を、白、茶、橙の三色のそぼろで表しました。 税込486円
~企画展「甘いねこ展」(2013)より~

2017年10月1日(日)~15日(日) 販売
外良製『すませば』

白餡を外良製の生地で包み、紅で色づけをしました。小さな音も聞き逃さないよう耳をすます、猫の姿も想像できましょう。 税込486円
~企画展「甘いねこ展」(2013)より~

2017年10月1日(日)~30日(月) 販売
特製羊羹『にけ』

「猫は 上のかぎりくろくて、腹いとしろき。」*枕草子の一節に見える、黒と白のニ毛柄の猫を、煉羊羹と道明寺羹で表しました。*『枕草子』(岩波文庫)より 税込3,888円
~企画展「甘いねこ展」(2013)より~

2017年10月16日(月)~30日(月) 販売
『甘杯 満寿泉純米大吟醸入(かんぱい ますいずみじゅんまいだいぎんじょういり)』

軽やかな口当たりとキレの良さを兼ね備える『満寿泉 純米大吟醸』を用いた、酒の風味をしっかりと感じられる羊羹です。御膳餡の風味と吟醸酒特有の華やかな香りをお楽しみいただけます。 税込864円
~企画展「和菓子で酔う」(2016)より~

2017年10月16日(月)~30日(月) 販売
『甘杯 満寿泉貴醸酒入(かんぱい ますいずみきじょうしゅいり)』

上品な甘みを特徴とする『満寿泉 貴醸酒』に、白餡をあわせ、後味良く仕上げた羊羹です。さらりとした白小豆の風味が、貴醸酒の甘みを引き立てています。 税込864円
~企画展「和菓子で酔う」(2016)より~

販売店:東京ミッドタウン店

当時お買い求めいただけなかった方や、また購入したいと思ってくださっていた方、ぜひこの機会にお運びください。

<基本情報>
名称:特別展「ギャラリーの記憶 2012-2016」
場所:東京ミッドタウン店内 ギャラリー
電話番号:03-5413-3541
会期:2017年8月2日(水)~10月30日(月) ※無休(東京ミッドタウン休業日に準じます)
時間:11:00~21:00