歴史上の人物と和菓子

今も昔もお菓子好きはいるものです。歴史上の人物にまつわるお菓子のエピソードを連載しています。
※ お菓子の画像はイメージです。お問い合わせは菓子資料室 虎屋文庫までお願いいたします。

2011.05.16

名越左源太と葛煉り

奄美大島へ島流し

幕末、島津家のお家騒動に連座して、奄美大島に島流しにされた薩摩藩士が名越左源太(なごやさげんた・1819~81)です。左源太は、嘉永3年(1850)から赦免されるまでの足掛け5年を大島の小宿(こしゅく・奄美市名瀬小宿)で過ごしました。当時の日記の一部が、奄美市立奄美博物館に保管されています。また、衣食住を始めとする島の風俗や、アマミノクロウサギやヤッコソウといった動植物について多くのスケッチと文章で記録し、資料を集めました。これらの資料群は『南島雑話』と名づけられ、奄美の文化を知る上でのバイブルとも呼ばれています。

お菓子を貰ったり作ったり

日記には日々の食事のことも書かれており、貰った魚を味噌煮にしたり、糠味噌の漬け方を村の人に教えたりと、料理が得意だった様子がうかがえます。
菓子の記載も思いがけないほど度々見られます。小宿に住み始めた当初、毎日のように菓子を持ってきてくれることに対して、元からそうした風習のある村なのか、自分のためにわざわざ用意してくれているのかわからない、と困惑気味に記しているほどです。
また、左源太自身、型菓子(落雁のように木型で作った菓子)や団子などの菓子も作っており、来客に何度か出しているものに葛煉りがあります。これは一般には葛粉に水と砂糖を加えて火にかけ煉ったものですが、面白いのは、葛素麺をご馳走しようと思って作ってみたが、うまくいかずに葛煉りになってしまった、という記述があることです。江戸時代の料理書によれば、葛素麺は葛粉をお湯で溶き、熱湯に流し入れて細く固めたものです。うまく素麺状にならずに全部が固まってしまったのでしょうか。火にかけて固めた葛の生地を薄く延ばして、細く切ろうと試みたのかもしれません。熱くて弾力のある葛に手を焼く姿が目に浮かぶようです。

※この連載を元にした書籍  『和菓子を愛した人たち』(山川出版社・税込1944円)が刊行されました。是非ご一読くださいませ。(2017年6月2日)

参考資料:

『南西諸島史料集』第2巻 南方新社 2008年
今村規子『名越左源太の見た幕末奄美の食と菓子』南方新社 2010年

虎屋のウェブサイト上に掲載しております内容(上記「歴史上の人物と和菓子」内の文章を含みます)に関する著作権その他の権利は虎屋が有しており、無断に複製等行いますと著作権法違反等になります。当ウェブサイトに関する著作権等については、以下のページをご覧下さい。

著作権について


トップへ戻る