歴史上の人物と和菓子

今も昔もお菓子好きはいるものです。歴史上の人物にまつわるお菓子のエピソードを連載しています。
※ お菓子の画像はイメージです。お問い合わせは菓子資料室 虎屋文庫までお願いいたします。

2007.11.16

夏目漱石と切山椒

切山椒

意外な食いしん坊

『坊ちゃん』『我輩は猫である』などで知られる文豪・夏目漱石(1867~1916)は、お酒も飲みましたが、甘いものも好きでした。羊羹を語った文章については、以前ご紹介しています。
漱石の残した日記はあまり詳細ではないものの、食べ物の記述は比較的多く、食いしん坊だったようです。ロンドンに留学中の日記には、「宿ヘ歸ツテ例ノ如ク茶ヲ呑ム 今日ハ我輩一人ダ 誰モ居ナイ ソコデパンヲ一片餘慶食ツタ 是ハ少々下品ダツタ」と、いつもより余計にパンを食べてしまったことを、いたずらっ子のように記しています。

お菓子に似ている

明治42年(1909)4月25日の日記には、散歩に出かけた先の風景が綴られます。
「早稲田田圃から鶴巻町を通る。田圃を掘り返してゐる。遠くの染物屋に紅白の布が長く干してあつた。大きな切り山椒の様であつた」
うららかな春の日の、いかにものどかな風景です。切山椒とは、山椒を入れた短冊形の新粉(うるち米の粉)の菓子で、東京では今も11月の酉の市の名物としても知られています。干された布の質感が、柔らかな新粉餅を連想させたのでしょう。
また、病気の療養中には、活けてもらったコスモスを描写しています。花瓶の後ろには砂壁と金銀の戸袋があり、白と赤の花が美しく映えていました。漱石はコスモスを干菓子に似ていると言うのですが、花を活けた人物には、その感覚が伝わりません。何故ですかとの問いかけに、漱石は「何故と聞いちや仕方がない」と答えるのでした。
どちらも、普段から菓子に親しんでいてこその感性と思われ、ほほえましくなります。

※この連載を元にした書籍  『和菓子を愛した人たち』(山川出版社・税込1944円)が刊行されました。是非ご一読くださいませ。(2017年6月2日)

参考文献:

『漱石全集』岩波書店

虎屋のウェブサイト上に掲載しております内容(上記「歴史上の人物と和菓子」内の文章を含みます)に関する著作権その他の権利は虎屋が有しており、無断に複製等行いますと著作権法違反等になります。当ウェブサイトに関する著作権等については、以下のページをご覧下さい。

著作権について


トップへ戻る