歴史上の人物と和菓子

今も昔もお菓子好きはいるものです。歴史上の人物にまつわるお菓子のエピソードを連載しています。
※ お菓子の画像はイメージです。お問い合わせは菓子資料室 虎屋文庫までお願いいたします。

2007.09.16

永井荷風と全国銘菓

文化勲章作家、永井荷風

明治から昭和にかけて活躍した作家、永井荷風(ながいかふう・1879~1959)は、若い頃落語家や歌舞伎作家を目指したこともありました。しかし、将来を案じた父の勧めもあって明治36年(1903)24歳でアメリカへ留学、後にフランスに渡っています。帰国後は『あめりか物語』『すみだ川』など次々と作品を発表しました。荷風の作風は耽美主義的ですが、江戸趣味的な作品も多くあります。戦後は文化勲章を受章しました。

全国銘菓を記録する

荷風は甘いものが大好きで、火鉢で林檎ジャムを煮ながら執筆をしたといいます。彼には『毎月見聞録』という間欠的に発表された記録があり、大正6年(1917)に開かれた菓子陳列会の記述があります。そこには「二月五日より三月二十日まで全国菓子陳列会を白木屋に開く、熊本の飴、和歌山の羊羹、京都の八ツ橋、夜の梅、大阪の粟おこし、甲府の月の雫(しずく)、埼玉の五家宝(ごかぼう)、神奈川の喜楽(きらく)煎餅、大阪の柿羊羹、群馬の磯部(いそべ)煎餅、日光羊羹、仙台の九重(ここのえ)、金沢の長生殿(ちょうせいでん)、高田の水飴、長岡の越の雪、岡山の柚餅子(ゆべし)、吉備(きび)団子、博多の玉子素麺、長崎のカステラ、鹿児島のカルカン、文旦漬(ぶんたんづけ)、佐賀の丸ボウロなどかずゝゝ出陳」と記されています。熊本の飴とは朝鮮飴のことと思われます。京都の「夜の梅」は虎屋の羊羹で、博多の玉子素麺は、ポルトガル伝来の菓子です。
ここに記された菓子の多くは現在でも銘菓として作り続けられています。それにしても全国の菓子22品を書き連ねる荷風に、菓子好きの本領を見る思いがします。

※この連載を元にした書籍  『和菓子を愛した人たち』(山川出版社・税込1944円)が刊行されました。是非ご一読くださいませ。(2017年6月2日)

虎屋のウェブサイト上に掲載しております内容(上記「歴史上の人物と和菓子」内の文章を含みます)に関する著作権その他の権利は虎屋が有しており、無断に複製等行いますと著作権法違反等になります。当ウェブサイトに関する著作権等については、以下のページをご覧下さい。

著作権について


トップへ戻る