歴史上の人物と和菓子

今も昔もお菓子好きはいるものです。歴史上の人物にまつわるお菓子のエピソードを連載しています。
※ お菓子の画像はイメージです。お問い合わせは菓子資料室 虎屋文庫までお願いいたします。

2007.06.16

天璋院と唐饅頭

「唐饅頭」
イラスト:森田ミホ

薩摩から江戸城大奥へ

天璋院篤姫(てんしょういんあつひめ・1836~83)は薩摩藩島津家から13代将軍徳川家定に嫁ぎ、江戸から明治という時代の大転換期に、波乱の人生を送った女性です。家定が婚儀からわずか1年半ほどで没した後は、紀伊徳川家から迎えた14代将軍家茂の義理の母という立場となり、大奥の取り締まりにもあたりました。

江戸から大坂へ届いた菓子

家茂が長州攻めのために大坂城にいたとき、正室和宮と天璋院は何度か菓子を贈りました。慶応2年(1866)には、和宮からは色とりどりの落雁(和宮の項参照)、天璋院からは猩々羹(しょうじょうかん)、難波羊羹、唐饅頭と記録されています。
猩々羹は紅色の羊羹、難波羊羹は甘さ控え目の羊羹とも考えられます。『守貞謾稿』では「浪華羹」として紹介されており、名前に反して江戸にはあって難波(大坂)になく、砂糖の量は煉羊羹の半分程だったとか。
また、唐饅頭にはカステラ風生地の饅頭と、堅い生地で中が空洞になった干菓子タイプの2種類がありますが、天璋院が贈った唐饅頭は、江戸から大坂までの日数を考えると後者だったのではないでしょうか。ちなみに堅い生地の唐饅頭は現在、宇和島など愛媛県一帯で作る店が多く、しっかりした歯応えのある、個性的な饅頭として知られています。
それぞれの味の違いが楽しめ、日保ちもよく、和宮が贈った菓子とも種類が違うなど、天璋院の気配りがうかがえる組み合わせといえるでしょう。
しかし、ほどなく家茂は大坂で病没、2年後には徳川幕府の終焉を見届けて天璋院は江戸城を去ることになるのです。

※この連載を元にした書籍  『和菓子を愛した人たち』(山川出版社・税込1944円)が刊行されました。是非ご一読くださいませ。(2017年6月2日)

 

 

 

参考文献:

『続徳川実紀』

虎屋のウェブサイト上に掲載しております内容(上記「歴史上の人物と和菓子」内の文章を含みます)に関する著作権その他の権利は虎屋が有しており、無断に複製等行いますと著作権法違反等になります。当ウェブサイトに関する著作権等については、以下のページをご覧下さい。

著作権について


トップへ戻る