メニュー
歴史上の人物と和菓子

今も昔もお菓子好きはいるものです。歴史上の人物にまつわるお菓子のエピソードを連載しています。
※ お菓子の画像はイメージです。お問い合わせは菓子資料室 虎屋文庫までお願いいたします。

2006.01.16

水野忠邦と蓬が嶋

「蓬が嶋」…現在の蓬が嶋

贅沢嫌いの改革者

江戸時代後期の浜松藩主で、老中まで務めた水野忠邦(みずのただくに・1794~1851)は天保の改革の指導者として知られます。しかし改革の中身は、高価な料理を禁止するなど日常の衣食住全般に及び、贅沢や娯楽を徹底的に取り締まったため、民衆らの反発を受け、彼の権勢は長続きしませんでした。

特製蓬が嶋の賜り物

忠邦は老中(1828~31)に昇任する2年前、所司代として京都に赴任しており、和歌、蹴鞠などに熱中していたようです。公家文化への造詣が深かった忠邦は、光格上皇に気に入られたのでしょうか、文政10年(1827)には「蓬が嶋」を下賜されています。(虎屋の修学院御幸関係の御用記録より)
菓銘の「蓬が嶋」とは、中国の伝説上の理想郷ともいわれる蓬莱山(ほうらいさん)を指します。中に小饅頭が入っているところから別名「子持饅頭」とも呼ばれ、現在では結婚、出産など慶事に広く利用されています。
江戸後期の当店絵図帳を見ると、当時の「蓬が嶋」には20個の小饅頭が入っていたことがわかります。一方、上皇から忠邦が賜った「蓬が嶋」には50個もの小饅頭が入っていました。一尺(約30cm)四方の台の図も描かれていることから、かなりの大きさだったと想像できます。
数年後には厳しく贅沢を禁じる立場になる忠邦ですが、このような特製の蓬が嶋を賜り、どのような思いで賞味したのでしょうか。

※この連載を元にした書籍  『和菓子を愛した人たち』(山川出版社・税込1944円)が刊行されました。是非ご一読くださいませ。(2017年6月2日)

虎屋のウェブサイト上に掲載しております内容(上記「歴史上の人物と和菓子」内の文章を含みます)に関する著作権その他の権利は虎屋が有しており、無断に複製等行いますと著作権法違反等になります。当ウェブサイトに関する著作権等については、以下のページをご覧下さい。

著作権について


トップへ戻る