メニュー
歴史上の人物と和菓子

今も昔もお菓子好きはいるものです。歴史上の人物にまつわるお菓子のエピソードを連載しています。
※ お菓子の画像はイメージです。お問い合わせは菓子資料室 虎屋文庫までお願いいたします。

2002.08.16

良寛と白雪こう

良寛さん

「良寛さん」「良寛さま」として親しまれる良寛(1758~1831)は、 越後(新潟県)に生まれ、出家して諸国を遊行しながら数多くの和歌、詩、 俳句、書を残したことで知られます。有名な歌「霞たつながき春日を子供らと 手まりつきつつこの日暮らしつ」 からは、子供たちとの語らいを楽しみ、遊びに興じる優しい老人の姿が想像さ れることでしょう。

白雪こうを望んだ手紙

出世の願望もない良寛は、生涯、住職にもならず、人々の施しから日々の 糧を得ていました。そのため良寛の書状には、酒、餅などを送られた折の礼状が多数残っています。なかでも病に倒れ衰弱の激しい時分に、滋養に富む といわれた白雪こうを望んで書いた手紙は、ふるえの見える筆跡が哀れさを誘い、読む人の心を打ちます。その文面は「白雪羔(こう)少々御恵たまは りたく候 以上 十一月四日 菓子屋 三十郎殿 良寛」という短いもの(新潟県・木村家蔵)で、死を翌年に 控えた文政13年(1830)11月 に出雲崎の菓子屋にあてた手紙と推測 されています。食物ものどを通らない ほど弱りきっていた良寛が望んだ白雪こう…。いったいどんな菓子だったのでしょう。

作り方

江戸時代の製法書によると、白雪こうは米粉、もち米の粉、砂糖に蓮の実の粉末などを混ぜ、押し固めて蒸すもので、口に入れれば雪のように溶けることから、その名がついたとされます。 「七人目白雪こうで育て上げ」(柳多留) の川柳があるように、江戸時代には砕いて湯にとかしたものが母乳の代用にされました。しかし、白雪こうは次 第に姿を消してしまうのです。

落雁との違い

白雪こうと似た菓子に落雁がありますが、落雁が熱処理をした米粉を使うのに対し、熱を通していない米粉を用い、最後に蒸すという違いがあります。 白雪こうは落雁が広まるにつれ、廃れてしまったのかもしれません。時代の流れとともにこうした菓子から滋養を得る必要がなくなったともいえるでしょう。白雪こうは清貧にいきた良寛の人生を語っているようにも思えます。

※この連載を元にした書籍  『和菓子を愛した人たち』(山川出版社・税込1944円)が刊行されました。是非ご一読くださいませ。(2017年6月2日)

 

虎屋のウェブサイト上に掲載しております内容(上記「歴史上の人物と和菓子」内の文章を含みます)に関する著作権その他の権利は虎屋が有しており、無断に複製等行いますと著作権法違反等になります。当ウェブサイトに関する著作権等については、以下のページをご覧下さい。

著作権について


トップへ戻る