歴史上の人物と和菓子

今も昔もお菓子好きはいるものです。歴史上の人物にまつわるお菓子のエピソードを連載しています。
※ お菓子の画像はイメージです。お問い合わせは菓子資料室 虎屋文庫までお願いいたします。

2002.07.16

和宮と月見饅

月見饅

不思議な月見

仁孝天皇の第8皇女和宮・和宮親子内親王(かずのみやちかこないしんのう・1846~77)は、徳川幕府14代将軍家茂に嫁し、幕末から明治維新の激動の時代に波瀾の生涯をおくった女性です。

政略結婚によって夫婦となった家茂と和宮。
しかもわずか4年後に家茂は亡くなってしまいますが、二人の仲は睦まじかったと伝えられています。幕府の公式記録『続徳川実紀』には、長州征伐のために大坂城に滞陣していた家茂に、江戸の和宮から落雁などの菓子が届けられたことが記されています。

家茂の死後、幕府の崩壊をまのあたりにした和宮は、徳川家の存続のために朝廷に嘆願するなど奔走しています。

饅頭の穴から月を見る?

虎屋には、和宮に関する注文記録がいくつか残っており、万延元年(1860)6月16日には「御月見御用」と記されているものがあります。月見といっても6月ですから仲秋の名月を愛でるわけではありません。当時宮中や公家で行われていた現代の成人式のような儀式で、饅頭の中心に萩の箸で穴をあけ、そこから月を見るという不思議な風習です。

月見のご注文

注文記録には、水仙饅頭100個、大焼饅頭200個、椿餅30個などの菓子が見え、これらはおそらく周囲の人々に配られたり、お供えにされたりしたものでしょう。そして、主役の月見饅頭は1個納められています。

この饅頭の詳細は定かではありませんが、中心に穴を開ける目安として、赤い丸印をつけた月見饅頭の絵図が、後年の史料に見られます。直径7寸(約21cm)と書いた公家の日記もあり、月を見るために手に取った時は、結構重かったのではないでしょうか。

和宮はこの時、現在の年齢でいうとまだ14歳になったばかりでした。(ひのえうまの生まれを忌み、前年生まれとしていた。)降嫁を承諾したのは同年8月15日とされ、6月は幕府の再三の申し入れを孝明天皇が拒否し続けており、幕府の将来に不安を抱いていたのでしょう。しかし、翌年には京都を離れ、江戸へ嫁ぐことになるのです。

※この連載を元にした書籍  『和菓子を愛した人たち』(山川出版社・税込1944円)が刊行されました。是非ご一読くださいませ。(2017年6月2日)

虎屋のウェブサイト上に掲載しております内容(上記「歴史上の人物と和菓子」内の文章を含みます)に関する著作権その他の権利は虎屋が有しており、無断に複製等行いますと著作権法違反等になります。当ウェブサイトに関する著作権等については、以下のページをご覧下さい。

著作権について


トップへ戻る