歴史上の人物と和菓子

今も昔もお菓子好きはいるものです。歴史上の人物にまつわるお菓子のエピソードを連載しています。
※ お菓子の画像はイメージです。お問い合わせは菓子資料室 虎屋文庫までお願いいたします。

2001.11.01

尾形光琳 ―元禄の華―

宝永4年「御菓子之畫圖」

光琳好みの和菓子

国宝『紅白梅図屏風』、『燕子花 (かきつばた) 図屏風』などの作者として有名な尾形光琳 (おがたこうりん・1658~1716) は、華やかな元禄時代を代表する絵師です。

虎屋には光琳が、パトロンであった銀座役人、中村内蔵助 (くらのすけ) にお菓子を贈った記録が残っています。『諸方御用留帳』の宝永7年 (1710) 5月21日条によって、10種類ほどのお菓子をご注文いただき、届け先にて二重の重箱二組に詰めたことがわかります。

そのうち「色木の実 (いろこのみ)」と「友千鳥」は宝永4年 (1707) の『御菓子之畫圖』から当時の色形や材料を知ることができます。

「色木の実」はくちなしと小豆で着色した生地で、秋に色づいた木の実と葉を表しています。前述の史料によれば、なんと150個も注文されました。明治以降、実の方は作られなくなり、現在虎屋では同じ菓銘で葉のみを作ることがあります。また、「友千鳥」はそぼろ状にした餡に小豆の粒を混ぜ、蒸したものと思われます。小豆の粒を群れ飛ぶ千鳥に見立てたのでしょう。

色木の実

虎屋のウェブサイト上に掲載しております内容(上記「歴史上の人物と和菓子」内の文章を含みます)に関する著作権その他の権利は虎屋が有しており、無断に複製等行いますと著作権法違反等になります。当ウェブサイトに関する著作権等については、以下のページをご覧下さい。

著作権について


トップへ戻る