メニュー
和菓子だより

2019.06.18

虎屋文庫(Toraya Bunko – Toraya Archives)の活動を紹介する短編ドキュメンタリー映画公開について

慶應義塾大学アート・センターの「都市のカルチュラル・ナラティヴ」プロジェクトの一環として、虎屋文庫の活動を紹介する短編ドキュメンタリー映画が製作されました。

監督は阿部 理沙氏、上映時間は9分ほどで、アーカイブ業務を中心にまとめていただきました。スタッフおすすめの虎屋資料も紹介されていますので、ぜひご覧ください。

日本語(Japanese)
英 語(English)

 

監督  
阿部 理沙(映画監督。日本大学芸術学部映画学科監督コース卒。映画・テレビ・CMなど幅広い映像演出を手掛ける。)

キャスト
虎屋文庫 文庫長
 丸山 良

虎屋文庫 スタッフ
 所 加奈代、森田 環、小野 未稀、河上 可央理、
 今村 規子、中山 圭子

 

※「都市のカルチュラル・ナラティヴ」プロジェクトとは

上記アート・センターを核とする、地域文化資源の連携、国際発信、人材育成をめざすプロジェクト。文化庁の助成を得て、自治体とも協働しながら、港区の様々な文化機関の活動をウェブサイト・マガジンなどで紹介していくものです。


トップへ戻る