桃山

雲居のみち

くもいのみち


初出年代
平成6年(1994)

都大路を行き交った御所車を思わせます

平成6年(1994)、平安遷都1200年にちなみ誕生した京都地区限定販売の菓子です。雲の居る所の如くはるか遠くという意味から「雲居」とも称される御所。御所車の意匠は、御所へ参内する公家の車が都大路を行き交うさまを思わせます。こし餡と白餡を合わせた餡が入った焼菓子です。

価格:
216円(本体価格200円)
大きさ:
6.2×10.8×2.0cm
重さ:
40g(総重量45g)
賞味期限:
製造から21日
特定原材料等:
「卵」を含む
備考:
取扱店舗:京都一条店、京都四條南座店、京都髙島屋、大丸京都店、ジェイアール京都伊勢丹
※ 商品に関するお問い合わせは、販売店へお申し付けください。お取り寄せも可能です。

店頭にてお買い求めいただけます

「桃山 雲居のみち」にまつわる小さなお話



「焼菓子」の他の商品

他の商品