メニュー
戻る

薯蕷製

紅葉焼

小倉餡入

もみじやき

初出年代
延享3年(1746)

紅葉の焼き印とにおいで秋の彩りを表しました

『紅葉焼』は、紅葉の焼き印と紅のにおい(色差し)を配し、秋の彩りを表現した薯蕷饅頭です。菓銘は、白居易(はくきょい)の漢詩の一節、「林間に酒を煖(あたた)めて紅葉を焼(た)く」(秋の風情を楽しむ意)にちなんだものとも考えられます。

価格:
486円 (本体価格450円)
現在は販売しておりません
特定原材料等:
「山芋」を含む
備考:
販売期間:2019年10月16日〜10月31日

取扱店舗:
【関東地方】赤坂店、東京ミッドタウン店、銀座店、帝国ホテル店、日本橋店、新宿伊勢丹、玉川髙島屋S・C、アトレ目黒1、横浜そごう、TORAYA TOKYO
【近畿地方】京都一条店、京都四條南座店、京都髙島屋、大丸京都店

「薯蕷製 紅葉焼」にまつわる小さなお話

「生菓子」の他の商品

さらに見る

他の商品

さらに見る

関連リンク