最中

御代の春 白

こし餡入

みよのはる しろ


初出年代
大正11年(1922)推定

梅をかたどったこし餡入りの最中

古くは天皇の時代が末永く栄えることを願った菓銘であり、転じて平和がいつまでも続くようにと思いを込めたおめでたいものです。梅をかたどった白色の皮にこし餡を詰めました。

価格:
216円(本体価格200円)
大きさ:
7.1×10.5×2.3cm
重さ:
30g(総重量32g)
賞味期限:
製造から24日
特定原材料等:
なし

お買い物かごに追加

「最中 御代の春 白」にまつわる小さなお話


「最中 御代の春 白」が入った箱入・詰合せ



「最中」の他の商品

他の商品