お知らせ

2018.10.5

虎屋 京都ギャラリー 「フランス国立ギメ東洋美術館「明治」写真コレクション展」開催のお知らせ

京都を舞台とした国際的な写真祭KYOTOGRAPHIEの秋季特別展として、ヨーロッパにおける東洋美術の殿堂、フランス国立ギメ東洋美術館の「明治」写真コレクションを展示。「日本が動いたとき-近代黎明期の京都-」と題し、明治維新の激動を経た京都が、近代に再生していく様子を写した写真の数々をご紹介します。虎屋 京都ギャラリーでは、フランス国立ギメ東洋美術館・写真コレクションより手彩色されたものを含め貴重なオリジナルプリントを展示いたします。


玉村康三郎「時代祭、平安神宮 大極殿近辺、京都」1900年頃、手彩色
© Guimet National Museum of Asian Arts.


作者不明「二条城、京都」1890年代、手彩色、鶏卵紙
© Guimet National Museum of Asian Arts.

京都市内の二条城・平安神宮・蹴上インクラインにおいてもパネル展示を同時開催。市内各所で展示される写真のオリジナルを含め、貴重なオリジナルプリントの数々をお楽しみください。


虎屋 京都ギャラリー第 18 回企画展
KYOTOGRAPHIE 京都国際写真祭 秋季特別展
明治150年記念 フランス国立ギメ東洋美術館 「明治」写真コレクション展「日本が動いたとき~近代黎明期の京都」


【会期】 2018 年11月1日(木)~12月2日(日)  午前10時~午後5時(入場無料)
【会場】 虎屋 京都ギャラリー
京都市上京区一条通烏丸西入広橋殿町400(虎屋菓寮 京都一条店横)地下鉄今出川駅6出口より徒歩7分 
【お問い合わせ】 京都管理部文化事業課 ℡ 075-431-4736
【展示品】 フランス国立ギメ東洋美術館・写真コレクションより手彩色されたものを含めオリジナルプリント 数十点
【休館日】11月26日(月)

※同時開催(京都市主催):二条城(10月21日~12月20日)、平安神宮(10月25日~12月20日)、蹴上インクライン(10月21日~12月20日)