五月(皐月)の行事

  • 端午

    5月5日の端午の節句は、もとは蓬(よもぎ)や菖蒲(しょうぶ)などを用いて厄除けを行なう日でした。江戸時代に入ると菖蒲が尚武(しょうぶ)に通じることから、鯉のぼりや武者人形、兜などを飾る、男子の節句へと変化しました。端午のお菓子といえば粽(ちまき)と柏餅。粽には邪気を祓う意味があります。柏の葉は、新芽が出るまで古い葉が落ちないため、柏餅は、家系の永続と繁栄につながる縁起物とされています。

五月(皐月)の和菓子

※取扱商品と販売期間は店舗によって異なります。