エントリー

販売

2007年入社

渡辺桂子

メンバーの個性が生きる、
愛情に満ちた店づくりを目指しています。

店長の仕事は接客以外にも、店舗管理やメンバーの育成といったマネジメント業務があります。具体的には、年間、月間の売上目標を考えて施策を立案したり、会議に参加したりもします。店の方向性を決め、メンバーの足並みを揃えるチームマネジメントは大事な仕事の一つ。どのようにすれば全員が個性を生かし、いきいきと気持ちよく働ける環境をつくれるかということを常に考えています。

私が店づくりにおいて目標としていることは、個性豊かなメンバー同士が尊敬と信頼で結ばれた関係となり、認め合って仕事をする店をつくることです。私自身、苦手な分野もあるので、それは得意なメンバーにフォローしてもらうこともあります。それぞれの個性を生かし、力を合わせながら、チームとして一丸になれることがベストだと考えています。

メンバーには、どのようにしたらお客様に喜んで頂けるか、気持ち良くお買い物をして頂けるかを念頭に置きながら接客するよう指導しています。接客を通してお客様との信頼を積み重ねていくことで、虎屋の菓子をご覧頂いた際に、私たちのことを思い出して頂けるくらい印象に残るおもてなしができることが理想です。接客も、マネジメントも、大事なのは思いやりと想像力だと考えています。相手の気持ちや状況を思いやることのできる想像力をもったメンバーを育てていきたいです。

私が入社一年目で配属された店舗で経験したお客様との出会いは、私の宝物となりました。その方からは、「人と人とのご縁を大切にする」ということを教えて頂きました。その言葉はそのまま私の座右の銘になりました。今でも交流のあるとても大切なお客様です。

販売の仕事は、お客様から直接「ありがとう」というお声を掛けて頂ける唯一の部門です。お客様から心のこもった温かいお言葉を頂くと、私たちはとても幸せな気持ちになります。たくさんの方と出会い、お話をする中で学ぶことも多々あります。メンバーにも、人間性を磨き、ここでしか得られない経験をして欲しいですし、私自身も情熱を持って愛情に満ちた店づくりをしていきたいと考えています。

※写真は浦和伊勢丹売店在籍時のものです。
  • 人材育成のため、メンバーに積極的に仕事を任せていきます。個性を生かし、仕事の配分を決めます。

  • 接客は、その人の人となりが表れるものだと思っています。豊かな人生経験を積むことができるよう努めています。

  • 贈る方の名前を記名する「名入れ」。店長に限らず、メンバー全員が対応します。日々の練習や積み重ねが大事です。

  • お客様のご用途に合わせて掛紙や表書などをご提案します。どのようなご要望にもお応えできるように、贈答知識を学ぶことが必要です。

一日の流れ

<中番の場合>
10:15
出勤・引継ぎ内容の確認・メールチェック
10:30
開店・接客・事務作業
12:00
昼休み
12:45
接客
13:00
百貨店ミーティング
14:00
配送品の準備・近隣店舗の店長と情報交換・在庫調整
15:00
休憩
15:15
接客・部下との面談
17:00
配送出し・発注作業
18:00
接客・翌日準備・閉店準備
18:45
退勤
※店舗の営業時間に応じて、複数の出勤パターンがあります。

私の虎屋歴

販売渡辺桂子
2007年 4月 日本橋髙島屋売店へ配属
2010年 3月 サブリーダーとして松戸伊勢丹売店へ異動
2011年 3月 サブリーダーとして柏髙島屋売店へ異動
2012年 2月 売店長として大宮髙島屋売店へ異動
2014年 2月 売店長として浦和伊勢丹売店へ異動
2017年 2月 売店長として銀座三越売店へ異動
2019年 2月 営業企画部宣伝課へ異動、現在に至る