メニュー
機関誌『和菓子』

和菓子関連の研究論文や史料翻刻を中心とした学術雑誌です。(年1回発行)
※各号によって販売価格が異なりますのでご注意ください。
※機関誌『和菓子』は、各都道府県立図書館等に寄贈しています。

2007.03

14号 特集「鎖国時代の異国人への饗応菓子」

この号の販売は終了しました。
国立国会図書館、各都道府県立図書館等に寄贈しておりますので、
所蔵を確認の上、そちらにてご覧ください。

発行年:平成19年3月
価格:900円(税込)/送料別
判型:B5
頁数:128頁

目次

【巻頭言】
茶の湯の菓子(林屋晴三)

【和菓子エッセイ】
洋から和へ、カステラの歩み(殿村育生)

【特集『鎖国時代の異国人への饗応菓子』】
特集にあたって(虎屋文庫)
オランダ・カピタンたちへの饗応(片桐一男)
朝鮮通信使饗応記録に見る菓子(高正晴子)
十九世紀琉球王朝の冊封使饗応における菓子について(安次富順子)
史料紹介 吉田コレクション 嘉永六年ロシア使節饗応関係資料(片桐一男ほか)

【和菓子研究】
焼菓子(残月)の生地に関する研究(横井琢也・鈴木和実・松下靖典)

【史料翻刻】
虎屋黒川家文書 後陽成院様御代より御用諸色書抜留③(虎屋文庫)

博物館などにおける和菓子関連の催し
新刊紹介
受贈図書一覧
彙報―虎屋文庫通信―


トップへ戻る