和菓子だより

2020.10.26

明治時代の内国勧業博覧会に 牛乳と卵入りの羊羹出品!

第1~3回は東京の上野公園が開催地だった。
方円舎清親「内国勧業博覧会之図」(1877)国立国会図書館蔵

明治1036年(18771903)に5回にわたり、内国勧業博覧会が開催。国内の産業発展や魅力ある輸出品の創作を目指したもので、全国各地から伝統工芸品や農産物ほか、和菓子、ケーキなどの洋菓子、和に洋の要素を取り入れた和洋折衷菓子も出品されました。

ここで注目したいのは、第1回、第2回の出品記録に残る、岡田友七(店名不明)の「羊羹 牛乳鶏卵入」です。ささげの漉粉・砂糖・卵・牛乳を寒天で煉り固めた菓子で、報告書によれば、普通の煉羊羹より、美味かつ滋養効果が高いとのこと。当時は牛乳の栄養価が注目されており、出品物には「円形牛乳打物」(落雁か)、「牛乳煎餅」などもありました。

現在も、「ミルク羊羹」「牛乳羊羹」の家庭用レシピが、ネット上で紹介されていますが、寒天と牛乳のみで作るシンプルなもの、小豆や生クリーム、豆乳を使うものなど、様々です。岡田友七の羊羹は、その先駆けともいえ、牛乳・ささげの漉粉・卵の組み合わせが、ユニーク。ミルクセーキ羊羹ともいえるかもしれません。

参考」(:

橋爪伸子「近代日本の食文化における乳の受容と菓子」(『近代日本の乳食文化その経緯と定着』中央法規出版株式会社、2019年)