和菓子だより

2020.09.01

菓子切手 江戸~明治時代

菓子資料室 虎屋文庫では虎屋歴代の古文書や古器物に加え、菓子に関わるさまざまな資料を所蔵しています。このコーナーでは、その一部をご紹介していきます。

饅頭切手 虎屋伊織 

菓子切手とは現在の商品券のようなもので、菓子券とも呼ばれ、江戸時代後期から明治時代にかけて盛んに流通していました。

一説には大坂高麗橋の虎屋伊織(現在の鶴屋八幡)が発行した「饅頭切手」がはじまりといわれ、菓子以外にも酒や豆腐・鮨など食品の切手が多く作られています。

当時の日記などから、切手は贈答品として広く使われたことがうかがえます。慶事や弔事のお使い物はもちろん、かさばらない、ちょっとした手土産としても好まれました。また、日保ちのしない品の場合、貰い手の都合の良い時に商品を交換できることが重宝された要因でしょう。

下の画像は、菓子切手の一つ「羊羹切手」。年代は異なりますが、同じ大坂長堀問屋橋の長濱屋重房の「引札」(現在の広告チラシ類)も併せて紹介します。最初に大きく浪華羊羹の文字があり、切手を販売していることも強調しています。

 

 

羊羹切手 長濱屋重房
引札 長濱屋重房(年代不詳)
「浪華羊羹 切手御座候」の文字がみえる